img_02

自分に合った補聴器の選び方

 補聴器の選び方としてはどのようなものを選べば良いのかと言うより、その使途に応じてあったものを選ばなければいけません。なぜならば高齢者の場合はあまりにも小さい補聴器を耳に当てるというのは無くしてしまいがちですし、どのように操作をすればいいのかわからないこともたくさんあるからです。

こういう人の場合はできるだけ大きい補聴器を使い、耳にただ単にメガネをかけるかのように機械を耳にそっと置き、実際の聞こえ具合の調整は胸元にいれたポケットで調整するような機器を使えば良いと考えます。

また他にもスポーツをする人にとっては補聴器があまりにも大きいと邪魔になったり、もしくは外れて壊れてしまうということがありますので、そういう人は耳の穴に装着するタイプを使用することをおすすめします。
まずは治ビンで聞こえ具合を調整し、それを耳に当てて音の具合を確認ししてから装着するので、ある程度を操作が慣れる必要があるのですが、耳の穴に装着するのでまさしくイヤホンをつけるような感覚で補聴器を使うことができ便利です。

またスポーツをしている時でも邪魔になる事がありませんので本当に重宝します。



聞こえ具合はどれを選んでもほとんど差はありません。



最近では非常に性能が良くなってるので、音も非常に拾いやすく、また要らない音は遮断してくれるので便利です。

実際に選び方としては専門店に行って自分の合ったものを選んでもらうようにしたら良いとされます。

選び方は自分にあったものを選ぶのが一番です。